安いと思って買った【バルク品】のMacBookAir充電器を使ったら火花が出た

失敗したもの

安いと思って買った【バルク品】のMacBookAir充電器を使ったら火花が出た

MacBookAirの充電器が壊れた

MacBookAirの充電器が壊れて、差しても充電できなくなった。
ひょんなことで直るのではないかと思い、しばらくは人に借りて充電させてもらっていた。しかし、一向に直らないのでアップルストアに相談に行った。
ていねいに見てもらい、故障だと診断を受けた。新しいのを買うしかないとのこと。だが、MacBookAirの充電ケーブルは思いのほか高価で、その場では買わなかった。
ネット通販とかでもっと安いのがあるだろう。

Amazonでバルク品の安い充電器を買ったら火花が出た

火花

インターネットで探すと安い充電器はたくさん見つかった。
そのなかでも割と信頼できそうなものを、Amazonで買った。
【バルク品】【並行輸入品】と書かれたものだ。

【バルク品】なので、梱包は簡易なものだった。実際にそれが届くとなんだかすごくいやな予感がした。
ほんとうに大丈夫なのか? と不安になる。でもしっかりとアップルのマークはついているし、以前つかっていたものとそっくりだし、まあ大丈夫なのだろう。
すこし不安な気持ちは残ったまま、おそるおそるプラグをコンセントに差し込むとバチコン!と火花が出た。静電気的なものではない。溶接の際に見るような火花だった。
2口あるコンセントの上側に差し込んだのだが、差し込んだほうはもちろん、差し込まなかった下側のコンセントからも火花が出た。

念のためMacBookAirに繋ぐ前に試しておいてよかった。繋いでいたらどうなっていたのだろう。充電はちゃんとできたのかもしれないな。

返品した

Amazonから返品の申し込みをしたら、すんなり受け入れてくれた。
謝罪の言葉と指定の住所宛に送る旨がカタコトの日本語で書かれたメールが来た。

ヤマダ電機でちゃんとした充電器を買った

本来であればアップルストアで買うのが良いのだろうが、少しでも安く買いたかった。
信頼できるであろう大型家電量販店のサイトを見て、その中でも安かったヤマダ電機で買うことにした。
通販だと送料がかかる。その当時は自転車でヤマダ電機にいけるところにすんでいたので、お店で買うことにした。
しかしお店にはネットで見たはずの金額よりも高く表示されていた。
店員さんに聞くと、ネットとお店では管理がまったく違うのでそういうことが起こるとのことだった。
すぐさまネットで見た金額と送料とを足してみる。ネットで買ったほうが安そうだったので、そのままお店を出た。
そしてヤマダ電機の通販でMacBookAirの充電器を購入した。

*

これは数年前のお話。火花は出ることなく、ながくながく快適に使っている。

タイトルとURLをコピーしました