マクドナルドの無料コーヒーと捗る仕事

10月15日から19日の15時から21時まで、マクドナルドのコーヒーが無料だ。
今日はそれを飲みに来た。

仕事を定時で切り上げ、駅へ向かう途中のマクドナルドへ入る。
無料のコーヒーだけを注文するのも恥ずかしいような、申し訳ないような気持ちがする。
店員さんに「コーヒーだけとかでも大丈夫ですかね?」と聞くと、全然大丈夫ですよといった感じで「はい」と言い、レジを打ちレシートを渡してくれた。
サンプリングコーヒーS  ¥0と印字されている。
商品の提供を待っている他のお客さんをごぼう抜きし、僕の番号が呼ばれた。コーヒーだけを注文したのは、この中で僕だけだったらしい。

2階にあがる。とても空いていた。
一番奥の壁際の席を選んだ。
壁を背に座り、ノートパソコンを出し、残っていた仕事に取り掛かる。
会社にいると、変な焦燥感がある。
今こうしている間に別の頼みごとをされるんじゃないだろうか?みたいな焦燥感だと思う。
今マクドナルドで、それはない。

ふと目をあげると、ひとりの男性がホットコーヒーだけを手に持って上がってきた。
無料のコーヒーだけを注文するのは僕だけじゃなかったんだ、と少し安心感を得た。

変な焦燥感がないので、仕事仲間がいない場所でする仕事は捗る。
無料じゃなくても、コーヒー1杯を注文し、会社じゃない場所で仕事をする、というのも良いかもしれない。

また、ホットコーヒーだけを持った男性が上がってきた。
結構そういう人は多いみたいだ。
しかし、明日も無料のコーヒーだけ飲みに来るのは少し気がひけるなあ。
「また来た!キモ!」とか思われるんじゃないだろうか。

あ、またホットコーヒーだけを手に持った人が…

コメント

タイトルとURLをコピーしました