ちょっとした違いで簡単にコーヒーが美味しくなる淹れ方のコツ3選

ちょっとした違いで簡単にコーヒーが美味しくなる淹れ方3選コーヒー

毎日欠かさず2杯はコーヒーを飲むボクことコクボジンです。

毎日なんとなくでもコーヒーを淹れていると気付きがあるもので、ちょっとした手間やコストで自分で淹れるコーヒーがおいしくなる方法を3つ紹介したいと思います。

上から順に簡単かつ効果が実感しやすい方法となっています。

少し冷ましたお湯を使う

少し冷ましたお湯を使う

これ本当にちょっとした手間の差なんですがめっちゃ味に違いが出ます。
一般的には90℃のお湯がいいと言われてますよね。

ボクは一度やかんで沸騰させ、蓋を開けて適当に数分置いたものを使っています。

ペーパーフィルターを変える

コーヒーフィルターを変える

ペーパーフィルターを変えても味が変わります。
100均やスーパーのプライベートブランドのものではなく、カリタなどコーヒーのメーカーのものを使うとおいしくなります。

コーヒー豆を変える

コーヒー豆を変える

スーパーで売っている大容量で安いコーヒーはやっぱりあまりおいしくありません。

いつもよりちょっとだけ良い豆を買うとかなり味の差を実感できると思います。

値段の目安としては200グラムで1000円弱くらいするものを選びたいところです。

ボクはタリーズのコーヒー豆を気に入っています。割とどこにでもあって買いやすいですし、店員さんが丁寧に説明してくれるのもうれしいです。

まとめ

コーヒーがおいしくなる方法を3つ紹介させていただきました。

  • 少し冷ましたお湯を使う
  • コーヒーフィルターを変えてみる
  • 良いコーヒー豆を使う

どれもちょっとした手間でできますし、特別な技術が必要なものでもないので、気になった方はぜひ試してみてください◎

コーヒー
スポンサーリンク
コクボジンをフォローする
ボクコジンの感想です by コクボジン
タイトルとURLをコピーしました