短歌入門におすすめの本

短歌入門におすすめの本を紹介しています。 たくさんの短歌が載っているオムニバス本と、個人の歌集から読みやすいものを詳細させてもらいました。 短歌のオムニバス本いろいろな歌人の短歌が載っている本。 作風やモチーフ・切り口もさまざまな短歌を...
おもちゃ

3歳でアルファベットの読み書きができるようになる方法

娘は2歳でアルファベットを読めるようになり、3歳で書けるようになりました。 とくにアルファベットを覚えるように促したわけではないのですが、自然と興味を持ってくれてそれに合わせて関連のおもちゃや遊びを与えていったら読めて書けるようになりま...
お金

小遣い10分の1天引き貯金でとりあえず自由に使えるお金10万円を貯める

audibleで落合陽一のWEEKLY OCHIAIを聴きました。 「お金をアップデートせよ」というテーマ。おもしろかったです。 そこで1冊の本が紹介されました。 本多静六の『私の財産告白』です。 お金のことはこれを読めばだいたい大丈...

トイレで読みたい本5選

トイレで読むのにちょうどいい本・トイレで読みたい本を5つ紹介します。 僕はどんな本でもトイレで読んでしまいますが、章が短いとか区切るところが多かったり、あまり何も考えずに読めるものや、トイレにまつわる本を今回はご紹介しようと思います。...

どこかへ行きたくなる本5選

本を読んでいて、それに登場したりまつわる場所に行きたくなることがあります。 今回はそんな、東京・ラスベガス・城の崎・タリーズコーヒー・ジョギングに行きたくなった本を5つ紹介しようと思います。 『オー・マイ・ガアッ!』浅田次郎オー・マ...

僕の本棚からおすすめの直木賞受賞作5選

僕の本棚にあった直木賞受賞作の中から5つを紹介します。 芥川賞同様、やっぱり直木賞受賞作もはずれが少なかったです。 物語的に、これは文句なしにおもしろい、といった作品が多いです。 芥川賞が優れた純文学に贈られ、多少読み手のスキルも必要...

僕の本棚からおすすめの芥川賞受賞作5選

芥川賞受賞作っておもしろいですよね。 これまでいくつか読みましたが、ハズレが極端に少ないです。 該当作なしという回もあるし、やっぱり受賞する作品は一定以上のクオリティがあるってことなんだろうなと思います。 今回は僕の本棚にあった芥川賞...

糸井重里『ボールのようなことば。』

コピーライター・『ほぼ日刊イトイ新聞』主宰である糸井重里の、短い言葉たち。 過去に書かれた膨大な原稿の中から厳選されたもの。 勇気付けられるもの。 背中を押してくれるもの。 はっとさせられるもの。 心をほぐしてくれるようなもの。 自分...

万城目学『ザ・万歩計』の書評のようなもの

『ザ・万歩計』は、小説『鴨川ホルモー』や『鹿男あをによし』などの著作で有名な作家・万城目学(まきめまなぶ)さんのエッセイ集。 子どものころのこと、学生時代のこと、職場でのことなどが、ときに笑えるほどおもしろおかしく、ときに涙が出そうに...

ビートたけし『達人に訊け』の書評のようなもの

『達人に訊け』は、ビートたけしと、いろんな世界の達人との対談集。 この本は、すごい。 僕たちの知らない世界のことが知れて、すごい。 それを教えてくれる人たちが、その世界の第一線で活躍する達人で、すごい。 達人の、その世界への向き合い方...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました