詩歌・俳句

良かったもの

「なり」で終わる俳句を集めました

「なり」で終わる俳句 「なり」で終わるのも俳句っぽくていいですよね。 俳句で「なり」の使い方「なり」には、助動詞と形容動詞としての意味があります。 助動詞としての意味 ①ようだ。らしい。そうだ。 ②である。だ。 形容動詞としての意味 ...
良かったもの

初句が字余りの俳句あつめました

字余りを使うと上級者っぽく見えますよね。 初句が字余りの俳句をあつめました。 初句が字余りの俳句 聖夜眠れり頸(くび)やはらかき幼な子は/森澄雄 裸でうたふ子の列大人はいくさなすな/中村草田男 谷は夕焼子は湯あがりの髪ぬれて/長谷...
良かったもの

「かな」で終わる俳句

「かな」「けり」「なり」とかで終わると、とても俳句らしく、上級者っぽく見えすね。 「かな」で終わる俳句をあつめてみました。 俳句の「かな」の使い方俳句で使われる「かな」は、詠嘆をあらわす切れ字と呼ばることば。「哉」とも書きます。 意...
良かったもの

なんでもありが楽しい!初心者のための短歌の作り方

短歌というと一見むずかしそうに思えるかもしれませんが、実はとても自由で何でもありなのです。 この記事では短歌をどうやってつくるればいいのか?解説しています。 授業の宿題で「短歌をつくりなさい」と言われて悩んでいる方も、ぜひこの記事を...
良かったもの

短歌に興味がない人ほど読んでほしいおすすめ短歌

短歌ってこむずかしいイメージがありませんか? 僕はありました。 仕事の短歌 サラリーマン向きではないと思ひをりみーんな思ひをり赤い月見て/田村元 足裏に畳の触るれば呼び水のごとく一日の疲れ湧き出づ/加藤美智子 毎日の勤務(つとめ)のなか...

短歌入門におすすめの本

短歌入門におすすめの本を紹介しています。 たくさんの短歌が載っているオムニバス本と、個人の歌集から読みやすいものを詳細させてもらいました。 短歌のオムニバス本いろいろな歌人の短歌が載っている本。 作風やモチーフ・切り口もさまざまな短歌を...

俳句(自由律俳句)入門におすすめの本8選

一時期、俳句、自由律俳句にハマっておりました。 その時、俳句(自由律俳句)の本もたくさん読みました。 そんな中で、俳句(自由律俳句)を読む、作ることの入門としておすすめの8冊をご紹介いたします。 俳句(自由律俳句)の詩歌の世界は難しそう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました