又吉直樹

2019年に読んでおもしろかった本

あっという間にもう12月ですね。 2019年も残りわずかになったので、少し振り返ってみようと思います。 今年読んだ本の中からおもしろかった本を7冊紹介します。 基本的に立ち読みをしたり吟味をかさねて選ぶのでハズレの本はありませんが、その中...

お笑い芸人で芥川賞作家のピース・又吉直樹の作品一覧

芸人としても文筆家としても又吉が好きな僕です。 又吉の作品を、小説・エッセイ・新書・その他、でまとめてみました。 小説人間(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||...

続編も買うほど面白い本おすすめ5選

飽き性な僕です。 そんな僕が続編を買って読むなんて、相当おもしろかったに違いありません。 『イン・ザ・プール』→『空中ブランコ』 イン・ザ・プール posted with ヨメレバ 奥田 英朗 文藝春秋 2006年03月10日 ...

おすすめのお笑い芸人が書いた本

お笑いが好きな僕は、気づけばたくさんのお笑い芸人さんが書かれた本を読んでいました。 その中からとくにおすすめのものを紹介します。 『火花』又吉直樹(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateOb...
俳句

俳句(自由律俳句)入門におすすめの本8選

一時期、俳句、自由律俳句にハマっておりました。 その時、俳句(自由律俳句)の本もたくさん読みました。 そんな中で、俳句(自由律俳句)を読む、作ることの入門としておすすめの8冊をご紹介いたします。 俳句(自由律俳句)の詩歌の世界は難しそうに思...

妻が泣いた。僕はとてつもなく泣きかけた。又吉2作目の『劇場』は『火花』よりも読みやすい。

『劇場』はお笑いコンビ・ピースの又吉直樹2作目の小説。 前作『火花』は芥川賞を受賞し、何より実際に読んでめちゃくちゃおもしろかった。 → さすが又吉。『火花』はつまらなくない、どころかむちゃくちゃおもしろい 2作目である『劇場』もおも...

さすが又吉。『火花』はつまらなくない、どころかむちゃくちゃおもしろい

ピース・又吉の小説への期待と不安ピース・又吉直樹が小説を書いた。 それを聞いたとき、僕はちょっと複雑な気持ちだった。 読んでみたい。が、おもしろくなかったらどうしよう。僕は又吉のファンだった。 『第2図書係補佐』を読み、そのあまりのおも...

カキフライが無いなら来なかった

ピース・又吉直樹が好きだ。 軽いエッセイでも読みたいなあと思っていたときに、本屋さんで何気なく買った『第二図書係補佐』。 これがめちゃくちゃ面白かった。 「杳子・妻隠」が特に面白かった。こんなことは滅多にないのだが、妻に「めちゃくちゃ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました