夫婦を題材にした短歌

夫婦を題材にした短歌短歌

夫婦を題材にした短歌を集めました。

長年連れ添っていることを感じさせる安心感や、長く一緒にいても仲の良いことを感じさせるものなど、ユニークな短歌たちです。

夫婦を題材にした短歌

女房のコブラツイスト凄きかな戯れといへ悲鳴ぞ出づる/島田修三

「夫婦で何してんねん」って感じですよね。
じゃれてコブラツイストするなんて仲良いな~と思います。

朝からの夫の放屁におどろかず秋の窓辺にコーヒーを飲む/小島ゆかり

熟練の達人の域に達した夫婦関係のように思えます。
屁をこいた夫は笑かすつもりだったのか、或いはそれが常態化しているのか。
いずれにせよ無視されているのがおもしろいです。

一歳の子のはなくそをリレーする四十二歳(しじふにさい)の夫婦(めをと)の小指/大松達知

片方が子を抱っこしているんでしょうか。鼻くそに気づき、とってあげる。でも抱っこしているので、その鼻くそをパートナーに渡して、パートナーがそれをティッシュか何かに包んで捨てる。
そんな感じでしょうか。

ゴルフボールもテニスボールも持つてきて使はず終はる妻の分娩/大松達知

テニスボールで肛門を押さえる、みたいなの聞いたことあります。

二人称<たつちやん>いつまでつづくのか八十路の妻の<たつちやん>聞きたし/大松達知

これまでもずーっと<たつちゃん>と呼ばれていたんでしょう。若い時からずーっと。
ふと気づいてみれば割と年をとった今でも<たつちゃん>って呼ばれているなと。
エモいです。

どちらからともなく妥協成立し夫婦が饂飩啜りはじめつ/石田比呂志

これは客観的に見たある夫婦の光景ですね。

縄跳びを教へんと子等を集め来て最も高く跳びをり妻が/奥村晃作

自分の妻が誰よりも高く跳んでいるのを、ちょっと遠目から見ている様子が想像できておもしろかったです。

さびしがり机のそばに寝てしまふ妻に今宵も蚊帳つりてやる/近藤芳美

タイトルとURLをコピーしました