桑原武夫『文学入門』の「世界近代小説五十選」を読みやすい順に並べ替え

桑原武夫『文学入門』の「世界近代小説五十選」を読みやすい順に並べ替え

灘校の伝説の国語教師・橋本武先生は、国語の勉強で基本になるのは「読む」「書く」だと言います。
その「読む」では何を読めば良いのか? 文学入門書の必読書リストが参考になると、桑原武夫『文学入門』(岩波新書)の「世界近代小説五十選」と、中村真一郎『小説入門』(光文社)の「私のえらんだ一〇〇冊の小説」を挙げていました。

自分のための、これから読むべきものリストとして、桑原武夫『文学入門』(岩波新書)の「世界近代小説五十選」をここにメモしておくことにします。

なかなか重厚な作品が多かったのでページ数の少ない順に並べ替えてみました。現在購入しにくいものは省いています。
(ボクはページ数の少ない方が読みやすく、そういうものからできるだけたくさん読みたいと思っています)

  1. 世界近代小説五十選(ページ数の少ない順)
    1. 『若きウェルテルの悩み』ゲーテ
    2. 『阿Q正伝・狂人日記他』魯迅
    3. 『マルテの手記』リルケ
    4. 『黒猫』『モルグ街の殺人事件・盗まれた手紙他』ポオ短篇小説
    5. 『大尉の娘』プーシキン
    6. 『クレーヴの奥方』ラファイエット夫人
    7. 『マノン・レスコー』プレヴオ
    8. 『父と子』ツルゲーネフ
    9. 『宝島』スティーヴンスン
    10. 『現代の英雄』レールモントフ
    11. 『青い花』ノヴァーリス
    12. 『女の一生』モーパッサン
    13. 『ハックルベリィフィンの冒険』マーク・トウェーン
    14. 『ガリヴァー旅行記』スウィフト
    15. 『緋文字』ホーソン
    16. 『ロビンソン漂流記』デフォオ
    17. 『武器よさらば』ヘミングウェイ
    18. 『高慢と偏見』ジェーン・オースティン
    19. 『ボヴァリー夫人』フロベール
    20. 『テス』トマス・ハーディ
    21. 『嵐が丘』エミリ・ブロンテ
    22. 『ツアラトストラかく語りき』ニーチェ
    23. 『赤と黒』スタンダール
    24. 『怒りのぶどう』ジョン・スタインベック
    25. 『告白』ルソー
    26. 『人間の絆』サマセット・モーム
    27. 『白鯨』メルヴィル
    28. 『罪と罰』ドストエーフスキイ
    29. 『魔の山』トオマス・マン
    30. 『デカメロン』ボッカチオ
    31. 『デイヴィド・コパフィールド』ディケンズ
    32. 『アンナ・カレーニナ』トルストイ
    33. 『レ・ミゼラブル』ユゴー
    34. 『ジャン・クリストフ』ロラン
    35. 『ドン・キホーテ』セルバンテス
    36. 『風と共に去りぬ』ミッチェル
    37. 『チボー家の人々』マルタン・デュ・ガール
  2. 世界近代小説五十選(国別分類)
    1. イタリー
    2. スペイン
    3. イギリス
    4. フランス
    5. ドイツ
    6. スカンヂナヴィア
    7. ロシア
    8. アメリカ
    9. 中国

世界近代小説五十選(ページ数の少ない順)

上から、ページ数の少ない順に並べています。

『若きウェルテルの悩み』ゲーテ

ページ数:205

『阿Q正伝・狂人日記他』魯迅

ページ数:248

『マルテの手記』リルケ

ページ数:302

『黒猫』『モルグ街の殺人事件・盗まれた手紙他』ポオ短篇小説

ページ数:309

『大尉の娘』プーシキン

ページ数:323

『クレーヴの奥方』ラファイエット夫人

ページ数:339

『マノン・レスコー』プレヴオ

ページ数:348

『父と子』ツルゲーネフ

ページ数:357

『宝島』スティーヴンスン

ページ数:366

『現代の英雄』レールモントフ

ページ数:371

『青い花』ノヴァーリス

ページ数:380

『女の一生』モーパッサン

ページ数:397

『ハックルベリィフィンの冒険』マーク・トウェーン

ページ数:460

『ガリヴァー旅行記』スウィフト

ページ数:461

『緋文字』ホーソン

ページ数:472

『ロビンソン漂流記』デフォオ

ページ数:485

『武器よさらば』ヘミングウェイ

ページ数:565

『高慢と偏見』ジェーン・オースティン

ページ数:616(上下)

『ボヴァリー夫人』フロベール

ページ数:660

『テス』トマス・ハーディ

ページ数:695(上下)

『嵐が丘』エミリ・ブロンテ

ページ数:707

『ツアラトストラかく語りき』ニーチェ

ページ数:787(上下)

『赤と黒』スタンダール

ページ数:875

『怒りのぶどう』ジョン・スタインベック

ページ数:971(上下)

『告白』ルソー

ページ数:1091(上中下)

『人間の絆』サマセット・モーム

ページ数:1144(上下)

『白鯨』メルヴィル

ページ数:1147(上下)

『罪と罰』ドストエーフスキイ

ページ数:1186(上下)

『魔の山』トオマス・マン

ページ数:1516(上下)

『デカメロン』ボッカチオ

ページ数:1645(上中下)

『デイヴィド・コパフィールド』ディケンズ

ページ数:1899(4巻)

『アンナ・カレーニナ』トルストイ

ページ数:2023

『レ・ミゼラブル』ユゴー

ページ数:2272(5巻)

『ジャン・クリストフ』ロラン

ページ数:2304(4巻)

『ドン・キホーテ』セルバンテス

ページ数:2546(6巻)

『風と共に去りぬ』ミッチェル

ページ数:2768(6巻)

『チボー家の人々』マルタン・デュ・ガール

ページ数:3443(13巻)

ルソーの『告白』とニーチェの『ツァラトストラ』は、小説ではないが、散文芸術としての価値の高さと、影響の大きさを考えて採用したとのことです。

世界近代小説五十選(国別分類)

こちらは『文学入門』に記載されていたとおり、国別の分類で。

イタリー

スペイン

イギリス

フランス

ドイツ

スカンヂナヴィア

  • 『死と愛』ヤコブセン
  • アルネ』ビョルンソン

ロシア

アメリカ

中国

タイトルとURLをコピーしました